京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

扶養義務者間の生活費・教育費の贈与

「扶養義務者」(@配偶者、直系血族及び兄弟姉妹、A家裁の審判を受けて扶養義務者となった三親等内親族、B三親等内の親族で生計を一にする者)から生活費や教育費として贈与された財産で一定のものに関しては、贈与税の課税対象とならないということが相続税法で定められています。
したがって、仮に年間の授業料や仕送り等の金額が110万をこえたとしても、それが相続税法21条の3第1項第2号に定める「生活費」や「教育費」であれば、贈与税はかからない。


CATEGORY

   

関連ページ

相続税額の2割加算
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
生命保険契約に関する権利
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
相続税節約のために養子縁組をする際の注意
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ