京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

相続登記・名義変更記事一覧

死因贈与契約と遺言のちがい

遺贈(遺言)との違い遺言の中で、不動産を誰が相続するか定めていたり、遺贈したりする内容が書かれていたとしても、それを遺言者の存命中には、あらかじめ登記しておくことができません。しかし、死因贈与契約を締結しておけば、始期付き所有権移転仮登記が可能になります。これは、現段階では所有権を移さないものの、被...

≫続きを読む

 

CATEGORY

   

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ