京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

金融政策

金融政策

公開市場操作
中央銀行が債券の売買を通じてハイパワードマネーの量をコントロールすること
中央銀行が債券を売る(=売りオペ)→民間の現金保有減少→ハイパワードマネー減少

 

公定歩合操作
中央銀行が市中銀行に対して貸し出しを行う際の金利
公定歩合を上げる→市中銀行からの借入減少→ハイパワードマネー減少

 

法定準備率操作

 

 

 

LM曲線

利子率は貨幣の調達コストである。
流動性のわな=利子率がゼロ近くまで下降して貨幣の投機的需要が無限に大きくなる減少。

 

貨幣需要Ld=kY−hi
kは貨幣需要の所得弾力性 所得が増加(減少)したときに貨幣需要がどれだけ増加(減少)したのかをあらわす
hは貨幣需要の利子率弾力性 利子率が下降(上昇)したときに貨幣需要がどれだけ増加(減少)したのかを表す
実質貨幣供給M/P=貨幣需要Ld
LM曲線=貨幣価値を均衡させるような国民所得Yと利子率iの組み合わせを描いた曲線(右上がり)
利子率iの上昇→投機的動機の減少→貨幣市場の超過供給→均衡へ戻るためには→国民所得Yの増加

 

i=k/hの傾きとなる…
貨幣需要の利子率弾力性(h)が大きい →傾きゆるやか
貨幣需要の所得弾力性(k)が大きい →傾き大きい

 

 

LM曲線のシフト
名目貨幣供給の増大、物価水準の低下→LM曲線は右シフト
名目貨幣供給の減少、物価水準の上昇→左シフト
LM曲線は金融政策または物価水中の変化によりシフトする。
金融政策には、貨幣供給量Mを変化させる政策 

IS-LM曲線

財市場の需要項目である投資は利子率の影響を受けること、利子率は貨幣市場の均衡によって決定されること
財市場で取引が増加すると、貨幣市場では貨幣の取引需要が増加し、貨幣の調達コストであり利子率が上昇すること

 

IS曲線 財市場を均衡させる国民所得と利子率の組み合わせ

 

クラウディングアウト
拡張的な財政政策が、利子率を上昇させ、投資の抑制を招き、国民所得が押し戻される効果。政府支出の増加によって、貨幣の取引需要が増加し、利子率が上昇することで、民間投資が抑えられる。

 

AD曲線(総需要曲線)…各物価水準において総需要がどれだけあるかを示す曲線

 

物価水準の低下(上昇)=実質貨幣供給量(M/P)の増加(減少)→LM曲線は右側(左側)にシフト

トップへ戻る