京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

遺留分について

遺留分について記事一覧

●相談前例えば、母親が長男に全ての財産を相続させる公正証書遺言を残していたのであるが、次男から長男に「遺言は無効だ」と主張され、それとあわせて予備的に「遺留分減殺請求を行使する」と言われたケースを想定します。この時に、結局、遺留分で弁償する金額が定まらないまま、また遺言の無効の裁判もおこされないまま、いたずらに時間が経ったときには、長男はどう対処すればいいでしょうか?●相談後最判平成21年12月1...

遺留分(いりゅうぶん)とは、相続人が最低限の遺産を確保するために設けられた制度のことです。兄弟姉妹以外の相続人に認められます。相続財産の一定割合を取得できる権利のことです(民法1042条)。遺留分に関して相続人のよくある不満遺言書で兄に全財産を譲るって書いてあるけど私は1円ももらえないのであろうか姉が生前贈与を受けていたのだけど、財産を公平に分けないのは不平等ではないか全然関係ない『愛人』に財産を...

トップへ戻る