京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

亡くなる前に全部生前贈与できる?

相談前

私は会社経営者です。私は妻に先立たれましたが三人の息子がいます。長男に私名義の財産を生前贈与しようと思います。何か問題はありますか?

 

相談後

あなたが死亡した時の相続に際して、生前贈与(特別受益)の持ち戻しにより、相続財産の計算対象となってしまいます。つまり、相続が生じたときに次男・三男が長男に各相続分の請求を行うことになります。

 

●持戻し免除

対策としては、@遺言を作成して特別受益の持戻しを免除する意思表示をすることができます。例えば、遺言書に「第〇条 遺言者は、平成〇年○月頃、長男に金〇円を贈与したが、遺言者の相続に関し、共同相続人の相続分を算定する場合、上記贈与の持戻しを免除する。」といった条項を入れることができます。しかし、この方法は、「遺留分の規定に反しない範囲で」(民法903条)という限界がありますので、次男・三男が長男に遺留分減殺請求をしてくるリスクを避けることはできません。

●遺留分減殺請求の対象財産の指定

しかし、遺言書で遺留分減殺請求の対象財産の指定をすることができます。例えば、「遺言者は、遺留分の減殺は、先ず預貯金、次に株式からすべきものと定める。」というような定めをするのです。これによりあなたの経営する株式が共有化することは防げます。

●除外合意・固定合意

更に、B対象自社株の価格を遺留分算定の基礎財産に算入しない(除外する)旨の合意をする「除外合意」(経営承継円滑化法4条1項1号)をする方法、C対象自社株の遺留分算定の基礎財産への参入価格を合意時の価格(時価)とする旨の合意をする「固定合意」(同項2号)があります。

CATEGORY

   

関連ページ

【法律落とし穴】『遺言書に関して注意すべきこと@』
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
【法律落とし穴】『遺言書について注意すべきことA』
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
遺言執行について
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
受託者の租税債権滞納による信託財産に係る賃料債権の差押え
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ