京都・滋賀の相続問題、中小企業経営者のための事業承継、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言で弁護士を探す

【法律落とし穴】『遺言書に関して注意すべきこと@』

●相談前

公正証書遺言を作れば無効にならず確実なのか

 

●相談後

遺言者本人が作成する自筆証書遺言と異なり、公正証書遺言は公証役場において法律の専門家である公証人が遺言書を作成しますし、公証人により遺言者の本人確認が行われ、遺言の方式や内容に法律上の不備がないか確認されます。また、証人二人が立ち会います。そして、公正証書原本は公証人が保管するので、隠匿や改ざんの危険性もほとんどありません。
しかし、公正証書遺言であっても、遺言内容を理解し、遺言の結果を弁識しうるに足りる意思能力を欠く者が行った遺言であれば無効となります。また、法律上求められる口授(遺言者が遺言の趣旨を公証人に口頭で伝えること)の有無が問題となります。
このようなことを避けるために、医師の診断書を取得するなどの手段を取って備えておく必要があります。

CATEGORY

   

関連ページ

亡くなる前に全部生前贈与できる?
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
【法律落とし穴】『遺言書について注意すべきことA』
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
遺言執行について
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。
受託者の租税債権滞納による信託財産に係る賃料債権の差押え
京都・滋賀の相続、遺産分割調停、遺留分減殺請求、遺言、事業承継、遺産分割協議などで弁護士をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。丁寧・親身・誠実にご対応させていただきます。

 
HOME 弁護士紹介 弁護士費用 お問い合わせ ブログ